ヘリコバクターピロリ菌検査(ヘリコバクターピロリ抗体)(血液検査)

こんな方におすすめです

  • 胃酸分泌が多い方
  • 胃炎を繰り返している方

検査内容・検査方法

血液検査で分析します。
(採血時同時に実施するので2度針を刺すことはありません)

ヘリコバクターピロリ菌とは

日本では40歳をすぎた中高年の70~80%がヘリコバクターピロリ菌に感染していると言われています。胃潰瘍患者の80%にピロリ菌が認められています。
この血液検査では、血液中のヘリコバクターピロリに対する抗体を検出する方法で、血液を採取するだけでピロリ菌の感染の有無が判定できます。

ピロリ菌は胃の粘液の中に生息し、さまざまな物質(アンモニアやタンパク質)を作り出します。それによって粘膜が刺激を受け炎症を起こし、胃潰瘍の発症の原因を作っています。
しかし、ピロリ菌の感染者が必ず胃潰瘍を発症するわけではありません。ピロリ菌の早期発見、早期除去が大切です。

コース内容確認

定期 一般 人間ドック 総合ドック ドック+脳 総合ドック+脳
:検査あり  :検査なし 単価(税別): 2,500円  健診受診時サービス価格: 2,000円

御予約・お問合せ

健診日・健診時間

2022年10月

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

関連コンテンツ