肝臓がん血液検査 腫瘍マーカー AFP

こんな方におすすめです

  • 肝臓がんを自覚症状が出る前に発見したい方
  • 血液検査で肝機能異常を指摘されている方、画像診断で肝臓に所見のある方
  • 肝疾患(肝硬変、慢性肝炎など)が既往にある方
  • アルコールを多飲する方

検査内容・検査方法

血液検査で分析します。
(採血時同時に実施するので2度針を刺すことはありません)

AFPとは

AFP(α-フェトプロテイン)は健康な人の血液には含まれていませんが、肝臓がんになると血液中に増加するため、肝臓がんのスクリーニング検査として用いられています。

肝臓がんの原因として、肝炎ウイルス感染や肝硬変、アルコールの過剰摂取などが重要視されています。 特に老人の肝がんでは70%以上の症例でC型肝炎ウイルスに関連する抗体が発見されています。

AFPは肝臓がんだけでなく、妊娠や肝炎などが原因で上昇することもあります。 また、肝臓がんでもAFPが陽性にならないものもあります。

コース内容確認

定期 一般 人間ドック 総合ドック ドック+脳 総合ドック+脳
:検査あり  :検査なし 単価(税別): 4,600円  健診受診時サービス価格: 3,500円

御予約・お問合せ

健診日・健診時間

2022年10月

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

関連コンテンツ