腫瘍マーカー 消化器セット(AFP、CEA、CA19-9、NCC-ST-439、ペプシノゲン)

こんな方におすすめです

消化器系の悪性腫瘍の疑いがある方

検査内容・検査方法

血液検査で分析します。
(採血時同時に実施するので2度針を刺すことはありません)
検査項目5種…AFP・CEA・CA19-9・NCC-ST-439・ペプシノゲン

消化器セットの内容

消化器セットでは5種類の腫瘍マーカーの検査をします。
それぞれのマーカーが対象とする主ながんは、以下の通りです。 胸部・腹部CT検査や腹部超音波検査と併用することによって、有用性が高まります。

AFP 肝がん
CEA 主に胃がん、大腸がん
CA19-9 膵がん、胆道がん
NCC-ST-439 膵臓、胆道、大腸から肺、乳など多種類の腺がん
ペプシノゲン 胃がん(胃粘膜の萎縮の程度を反映する指標となります)

コース内容確認

定期 一般 人間ドック 総合ドック ドック+脳 総合ドック+脳
:検査あり  :検査なし 単価(税別): 12,000円  健診受診時サービス価格: 8,400円

御予約・お問合せ

健診日・健診時間

2022年10月

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

関連コンテンツ