眼底・眼圧検査

こんな方におすすめです

  • 自覚症状が出る前に緑内障や黄斑部変性などの疾患を早期発見したい方

検査内容・検査方法

眼底検査は水晶体から通過した光が硝子体を通り、内側の網膜視神経など眼底部位をデジタル撮影します。
眼圧検査は眼球の部分に空気を吹きつけて測定します。散瞳点眼はありませんので、目がぼやけることはありません。

検査機器について

眼底検査

眼底検査装置 眼底検査とは、眼球内部の後面である眼底をレンズを通して観察し、眼底の血管、網膜、視神経などを調べることができる検査です。網膜剥離や眼底出血、緑内障、黄班部変性などの目の疾患の有無を調べることができます。

眼圧検査

眼圧検査装置 房水という液体によって保たれている眼球内圧(眼圧)を測定する検査です。眼圧の変動は目の異常を知る重要な手がかりです。高眼圧症や緑内障などの有無を調べることができます。高眼圧が継続しているときは、高眼圧症か緑内障を発症している可能性があります。

眼底・眼圧検査とは

40歳以上の方は、加齢による変化が急速に進行します。 40歳以上で発症が多くなりだす緑内障は視神経が障害され視野が欠損する病気ですが、視神経乳頭陥凹などの所見で早期発見ができます。 緑内障は眼圧が上がり視神経が圧迫されて発症しますが、日本人の緑内障患者は眼圧が高くなくても発症する正常眼圧緑内障のほうが多く、眼底検査との併用が欠かせません。

50歳以上になると、水晶体が濁ってものが見えにくくなる白内障になる方が多くなりだします。 ものを見るために必要な視細胞が障害されてゆがんで見える黄斑部変性を発症する方も多くなります。これらは検査により早期発見できます。

また、眼底検査では体の中で唯一、肉眼で動脈の状態を観察できます。 動脈硬化は加齢により亢進しますが、危険因子(高血圧や糖尿病など)があると、加齢以上に亢進します。網膜変化とあわせ御自身の加齢変化の目安にもなります。

目の病気はゆっくりと進行し初期のうちは自覚症状がほとんどなく、病気に気づかないことがあります。毎年検査を受けて、変化がないか確認することが大切です。

コース内容確認

定期 一般 人間ドック 総合ドック ドック+脳 総合ドック+脳
:検査あり  :検査なし 単価(税別): 3,500円  健診受診時サービス価格: 3,000円

御予約・お問合せ

健診日・健診時間

2022年10月

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

関連コンテンツ